連載講座

tokuyama-yumiko

税務否認を受けない為の資本的支出と修繕費の判断について

資本的支出と修繕費の区分の判定は非常に頭を悩ますところです。

そこで明確な判定指針を具体的事例とともに説明します。

 第1回 税務否認を受けない為の資本的支出と修繕費の判断について

■資本的支出の例示(法規集 7-8-1)

固定資産の価値を高め使用可能な期間の延長として認められる部分に対応する金額

例えば次に掲げるような金額は原則として資本的支出に該当します。

(1) 建物の避難階段の取付け等物理的に付加した部分に係る費用の額。

(2) 用途変更のために模様替え等改造又は改装に直接要した費用の額。

(3) 機械の部分品を特に品質又は性能の高いものに取替えた場合のその取替えに要した費用の額のうち通常の取替えの場合にその取替えに要すると認められる費用の額を超える部分の金額。

(注)建物の増築・構築物の拡張・延長等は建物の取得に当たります

■修繕費に含まれる費用(法規集7-8-2)

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の通常の維持管理のため、またはき損した固定資産につきその原状を回復する為に要したと認められる部分の金額。

例えば次に掲げるような金額は修繕費に該当します。

(1) 建物の移えい又は解体移築をした場合におけるその移えい又は移築に要した費用の額。ただし解体移築にあたっては旧資材の70%以上がその性質上再使用できる場合であって当該旧資材をそのまま利用して従前の建物と同一の規模の建物を再建するものに限ります。

(2) 機械装置の移設に要した費用の額。ただし7-3-12の本文の適用のある移設を除く。

(3) 現に使用している土地の水はけを良くする等のために行う砂利・砕石等の敷地に要した費用の額及び砂利道又は砂利路面に砕石を補充するために要した費用の額。

7-3-12とは

集中生産を行う等のための機械装置の移設費

集中生産又はより良い立地条件において生産を行う為の一の事業場の機械装置を他の事業場に移設した場合は運賃、据付費等移設に要した費用は取得価格に算入します。

(注)主として新規の生産設備の導入に伴って行う既存の生産設備の配置換えのためにする移設は原則として集中生産又はより良い立地条件において行うための移設には当たりません。

■資本的支出と修繕費の判断が不明の場合

① 少額又は周期の短い費用の損金算入(法規集7-8-3)

・ 同一の固定資産について行う修理・改良等の金額が20万未満の場合⇒修繕費

・ その修理、改良等がおおむね3年以内の期間を周期として行われている場合⇒修繕費

(既住の実績からみて明らかである場合なので新規設立の会社などは適用されません。)

② 形式基準による修繕費の判定(法規集7-8-4)

・ その金額が60万に満たない場合⇒修繕費

・ その金額がその修理、改良等に係る固定資産の前期末における取得価格のおおむね10%相当額以下である場合⇒修繕費

③ 資本的支出と修繕費の区分の特例(法規集7-8-5)

・ 継続してその金額の30%相当額とその修理、改良をした固定資産の前期末における取得価格の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としている場合はこれを認めます。

■ 個別の取り扱い ★ポイント★ 

▲まず①7-8-1の条件にあてはまるかどうか考えます。あてはまらない場合は②7-8-2にあてはまるかどうか考えます。どちらもあてはまらない場合は③7-8-3か④7-8-4か⑤7-8-5か見ます。

▲請求書の書き方で判断する事もあります。

維持費・・・通常の維持費なので修繕費
補修費・・・修繕費と資本的支出と両方のおそれあり
改良費・・・資本的支出
増設費・・・資本的支出か取得費かが考えられる
修繕費・・・修繕費

【建物】

(1) ビルの外壁塗装(7-8-2)
「何で塗装しないといけないのか」という事情の把握からはいる事が大事です。維持管理のためなら修繕費になります。

(2) 屋根の張替え工事(7-8-2)
屋根の材質も以前と同じなら修繕費です。ただし1/5以上の補修の場合は資本的支出になります。

(3) 改良等のための取壊し費用(7-8-1)
倉庫から店舗のように模様替えをしていると思われるので資本的支出になります。

(4) 賃借した店舗への造作費用(1-1-3)
賃貸契約内容と工事内容を確認します。当該造作費が建物についてされた場合は当該建物の耐用年数により償却します。ただし賃借期間の定めがあるものは当該賃借期間を耐用年数として償却することが出来きます。

(5) フィルム貼付による窓硝子補強費用(7-8-4)
所得価格の10%以下なら修繕費です。

【建物付属設備】

(1) 機械の移設に伴う配電費用(7-8-1) (7-8-2)
配電設備の新設なら資本的支出です。 移設なら修繕費です。

(2) 自動ドアの修繕費(7-8-2)
通常の維持管理費と思われるので修繕費です。

(3) 賃借店舗の開業時の補修工事(7-8-1)
開業時となっているので資本的支出です。

【構築物】

(1) 屋上の花壇取付け費用(7-8-1)
新規なので資本的支出です。

【車輌】

(1) 自動車ナビゲーターの取付費用(7-8-1)
新規と後付けか確認が必要です。どこまでが後付けで判断するかですが確定申告を2回すんでからなら後付けでOKですが車輌購入翌月とかは車両に含めます。

(2) ブルドーザーのキャタピラーの取替費用(7-8-2)(7-8-1)
部分取替なら修繕費です。全部取替なら資産の価値を高めるとして資本的支出になります。

        次回は税務調査における交際費の問題点と注意点です。          

(Writer: