連載講座

tokuyama-yumiko

試算表の見方

自社の経営状態を的確に掴み、正しい節税を考えたり、また、経営状態を良い方向に改善する為の原因追求をする上での一番の材料ともなるのが、私たちが毎月作成している『試算表』です。

今現在、どれだけのお金を保有しているのか、どういったところにお金が流れていってるのかという事が分からなければ、どこをどう改善していいのかもわかりませんよね。

こういった、会社の全ての情報を集積した一覧表が試算表です。今回は、その中の『損益計算書』の仕組みを紐解いて見ましょう。


損益計算書は、3つの収益と5つの費用をもとに、5つの利益に分かれて表示されています。

 ★3つの収益とは、『売上』『営業外収益』『特別利益』

 ★5つの費用とは、『売上原価』『販売管理費』『営業外費用』『特別損失』『法人税等』

 
上記の収益と、費用から生み出されるのが以下に挙げる5つの利益です。

『売上総利益』

  これは、売上から売上原価を差引いたものです。
  会社経営の基礎でもある、製品を販売することで儲けた利益のことです。

『営業利益』

  売上総利益から販売管理費を差引いたものです。
  自社製品を製造、販売するという一連の営業活動で、どれだけ儲けることが出来たのかを表しています。

『経常利益』

  営業利益に営業外収入及び費用を加算減算して求められた利益です。
  その企業の収益力をもっとも表す指標です。

『税引前当期利益』

  経常利益に特別利益及び損失を加算減算したものです

『当期純利益』

  税引前当期利益から法人税等を差引いて残った利益です。

どうしてこのように、細かく利益を分解して表示しているのでしょう。それは、細かく分解して表示することで、その会社の問題点、弱点を見つけやすくする為です。売上総利益は、同業他社と同じくらいあるのに、なぜか最終的に利益が残ってこない~。そんなときには、売上総利益には問題ないのですから、どの段階で利益が大幅に減っているのか?何に最も利益を食いつぶされているのか?を探し、その原因を掴み、それを抑える為にはどうしたらいいのかを考えればいいのです。そうすれば、会社の経営状態を良くする為のヒントを見つけやすくなりますよね。


(Writer: